植毛したらかえってハゲてしまうことも

オリジナル見出し01

植毛は手っ取り早く髪を増やせるので、育毛剤などで気長に効果を待つのが我慢できない人には便利な方法でしょう。植毛には二つの方法があり、自分の後頭部などに残っている髪を毛根ごと足りない部分に移植するものと、ナイロンなどで作られた人工毛を移植するものがあります。



カツラよりも自然ですし定着してしまえばケアも簡単なのですが、注意する点もあります。



まず、人工毛の場合は移植すると体が異物だと認識し、頭皮に炎症を起こしたりせっかく植えた髪が脱落することがあります。
定着したとしても、それを維持するために費用がかさみます。



一方自毛を移植する方法は、自分の髪を植えるわけですから拒絶反応も少なく、毛根ごと移植するのでそこからは一生髪が生え続けます。


とても自然な仕上がりだし安全で満足度も高いのですが、難点は手術ということでメスを使いますし、費用も人工毛よりも高くなりということ、それにきちんと生え揃うまでに一旦抜け落ちてしまうことがあるということです。



これは手術による一時的な影響だといわれ、しばらくすればきちんと発毛してくるということです。



しかし、その抜け落ちたままの期間には個人差があり、ほとんど抜けないで維持できる人もいますが中には半年以上も生えて来ないこともあるといいます。
一度植毛して増えたものがすっかり抜け落ちるのはショックでしょう。

生え揃うまでの我慢なのですが、その間の対策を考えた上で植毛を受けるようにしたほうが良いようです。



関連リンク

  • タイトル21

    薄毛で悩んでいる人は沢山いますが、それには多くのケースがあります。女性より男性の方が多いですが、つむじの部分が薄くて悩んでいる人を多くみかけます。...

  • タイトル22

    薄毛にはいろいろなパターンがあり、多くの男性が悩んでいます。例えば、つむじの周辺が薄くなっている人もいまうし、そり込みの部分が薄くなっている人もいます。...